歯の矯正

ホームへ戻る > 歯の矯正

歯の矯正をするためには
マンションの建替え
二世帯住宅とは
ロックの殿堂とは
エアコンクリーニングの料金

人間の歯は、顎の骨の状態や乳歯の残り方、永久歯の生えてくる順番などからぶつかったり押し合ったりで、必ずしもまっすぐ、綺麗に生えてくるとは限りません。ですが、その歯の並び方・歯列の状態によっては、口を開けた際に不恰好な印象を与えたり、虫歯を誘発する原因になったりします。これらの問題を解決するために行うのが歯列矯正、いわゆる「歯の矯正」です。


だいたいは永久歯が生えそろった子供の頃の時点で歯の矯正をかける事が多いのですが、大人になってから歯並びで悩んだ末に矯正を始める人も結構居ます。

歯の矯正をしようという場合、理由は大きく2つに分けられます。一つは審美的側面、もう一つは機能的側面です。審美的側面はすなわち見た目に関する話です。笑顔など歯を見せる場面で、歯列が著しく乱れた乱杭歯というものはどうしても格好良い・美しいといった印象を与えません。歯並びが理由で人前で笑えない、話すのが怖いという社会的な障害にもつながりますので、非常に重要な動機と言えます。当然ながら、このような理由の対象となるのは主に前歯です。機能的側面はさらに、咬合、発音、衛生という3分野に分かれます。咬合は、しっかりしたかみ合わせが得られておらず、食事に不都合があるような場合を指します。咬合の不都合は食事のみならず、顎や首の筋肉、顔の造形までにも影響を与えますので矯正が必要でしょう。歯並びは言語の発音にも影響を与えます。そして、歯並びの影響でしっかり磨けない部分が増えると、そこは虫歯や歯周病の温床となる傾向があります。歯の矯正をする理由は大体が今挙げた中に収まっていると思われます。