建売住宅で一戸建てを購入するメリットと選び方

ホームへ戻る > 建売住宅で一戸建てを購入するメリットと選び方

後悔しないリフォーム術
購入する家を探すポイント
注文住宅と断熱構造
一戸建て購入の平均年齢
入れ歯が磁石で変わる

一戸建てを購入する際に選択肢となる建売住宅。近年では注文住宅への注目が集まるようになり、どちらがよいのか迷うケースも増えてきました。では建売住宅には本来どのようなメリットがあるのでしょうか。


建売住宅とは、すでに完成している住宅を購入するケースです。そのメリットとしては、まず選択肢の多さが挙げられます。注文住宅は魅力的ではありますが、土地だけの物件はそれほど数があるわけではありません。住みたいエリアに希望の物件を見つけられない可能性もあります。その点、建売住宅なら多数の選択肢から物件を選ぶことができるのです。


それから費用の問題。すでに一戸建てが建てられた上で販売されていますから、注文住宅よりも割安で購入することができます。設計段階から意見を取り入れてもらえる注文住宅は、その分費用が高くなります。工事に関わる追加の出費がないのも建売住宅の魅力となるでしょう。

購入から入居までの期間が短いのもポイントです。購入してから工事がはじまる注文住宅の場合、借り住まいの期間が長くなり、賃貸物件を借りる費用がかかります。その費用を少しでも抑えたい人、すぐに引っ越したい人に向いているのです。


実際に建物を見て判断できるのも重要なポイントでしょう。


ただし、注意点もあります。すでに完成しているため、基礎や構造など細かい部分がチェックできない点です。ですから信用できる建築会社、不動産業者を利用して選ぶ必要があるのです。一戸建て購入の際にはやはり建売住宅は重要な選択肢となるでしょう。賢く選ぶようにしたいものです。